「にんにく」について

「にんにく」は中国から8世紀頃に、日本に伝わってきたと言われていますが、なんと古代エジプトでは、紀元前3200年頃から薬としても使用されていたこともあるそうです。
それくらい人類にとって歴史の深い「にんにく」ですが、最近テレビで見た内容によると「にんにく」には、高い殺菌効果があるのだそうです。
と言うのも動物実験で「にんにく」にはO157などの腸管出血性大腸菌に高い殺菌力があることが明らかになってきているそうです。
これが人間に応用できるのかは、まだ明らかになっていませんが、古代から魔よけなどとしても使われてきたことを考えると、強い殺菌力があってもおかしくはないと思います。
「にんにく」の魅力はそれだけではありません。
何と言っても食欲をそそる独特の風味は、唯一無二のものと言えるのではないでしょうか?
「にんにく」の臭いを気にする人も多いですが、「にんにく」にはガンに対する予防効果も期待されているそうです。
特に胃や腸などの消化器系のガンのリスクを減らす効果がありそうだということがわかってきているそうです。
だからといって過剰に摂取するのは考えものですが、上手に食生活に取り入れていくと、元気な日々を送れそうだなぁと思いました。